Excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
今春公開の映画「サン・ジャックへの道」。ヒット祈願巡礼中 ~“東海道&鎌倉街道を歩く”の巻~ 
by st-jacques
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
街道を歩く
映画「サン・ジャックへの道」
宣伝うーまん奮闘記
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ
最新のコメント
greeで出来る新しいお..
by gree 攻略 出会いゲーム at 10:53
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:19
今年こそ童貞脱出したい!..
by 童貞 at 14:00
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:57
世界最大級のSNS!フェ..
by フェイスブック at 16:16
流行りのフェイスブックで..
by フェイスブック at 16:55
DVDの再販の予定はない..
by 町 at 03:04
グリーにハマっている人集..
by グリー at 17:19
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:32
oz^7N&kS, sp..
by ショップ店員はじめてヤりました at 07:36
最新のトラックバック
サン・ジャックへの道:映画
from ムービーラボ
五反田 熟女デリヘル 優..
from 風俗24時
サン・ジャックへの道:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
『サン・ジャックへの道』
from 京都写真紀行
滝川クリステルセクシー解禁
from ニュースですYO!
Polbo a feir..
from ガリシアへ行こう!/Imos..
和歌山とくとく情報広場
from 和歌山とくとく情報広場
和歌山県
from 和歌山@ガイド
サン・ジャックへの道@シ..
from ソウウツおかげでFLASHB..
Eu vou a Gal..
from ガリシアへ行こう!/Imos..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:街道を歩く( 36 )
坂よりも恐いもの

「サン・ジャックへの道」の三きょうだいの長女クララが
ファンクラブができそうなくらいに人気急上昇中です。
そして、その人気にあやかりたい和製クララです。
そうです。わたしの登場ということは、久々に”街道を歩く“のコーナーでございます。

まずは、今歩いている東海道の話に移る前に一言。

「サン・ジャックへの道」ヒットお礼、こころより申し上げます。
今回、沢山の方々に応援していただき、また一杯の愛情を頂いてきました。
とりわけわが宣伝うーまんたちのやけどしそうなくらいにあっつい愛情。
その甲斐あって、すくすくと「サン・ジャックへの道」は大きくなってきました。
本当にみなさま、ありがとうございます。
そして、ますますの応援をお願いします。


そして、私はそのお礼参りとして、鎌倉の鶴岡八幡さまを訪れる予定です。
先々週歩いた東海道の川崎から戸塚までの23キロ。
ここには芭蕉の句碑があったり、道々いたるところに東海道豆知識の看板が
あって、さすが人気の東海道です。
そして、今回歩いたところには、東海道最初の難所、権田坂があるんです。
1,5キロにわたって続くのぼりで、坂が大の苦手の私は恐る恐る前にすすみました。
本によると、この坂を越えられなく行き倒れになった人を投げ込んだ
投込塚なんてあるんですよ。
しかし、これが結構楽に歩けたんです。
というのも坂よりももっと恐いものがあったのです。
それは、突き刺すような西日の陽射しです。
じゅーっと焦げるんじゃないかと、それはそれは恐かった。
思わず着ていたセーターを脱いで頭からすっぽりかぶって目だけを出してあるいていました。
すれ違う人、みんな不思議そうに見てましたけど、気にしません。

先日のブログでちらっと書いた浅間神社手前の高台はあの黒澤明監督の
『天国と地獄』の舞台となったところなんですって。あの映画も恐かったですよねえ。
山崎努さんでしたっけ? 恐かった。

そして、次回は進路を変え、鎌倉街道にて八幡さまへ向います。

3月25日の『サン・ジャックへの道」ウォーキングも楽しみですねえ。
皆様、映画を観て、歩いて、楽しい時間をすごしましょう!
[PR]
by st-jacques | 2007-03-15 18:22 | 街道を歩く | Trackback(1) | Comments(6)
接客の神様

こんばんは。 今週の日曜日は暖かったですね。

今回は川崎から戸塚までの23キロ。

川崎から歩き始めて一時間ちょっとすると、キリンビールの工場が見えてきました。
魅力的ですよね。見学コース。
出来立てのビールが飲めるんですよ。きっと。こんなに暑い日に、冷たいビール!
おいしそう。
ところが、この見学って団体ツアーになっていて、それも予約で一杯でした。

がっかりしたような、ホッとしたような。

そして、今日のしあわせ。
それは、偶然見つけた小さな定食屋さん、はつ美です。
e0107399_2059534.jpg


保土ヶ谷の手前にある浅間(センゲンって読むんです。)神社
近くに来たころ、空腹は最高潮に達していました。
出来立てのビールも飲みそこなったし、食事ができるようなところも全くなくて
イライラし始めてきたそのとき、
前方に開店祝いのお花が並ぶ小さな定食屋さんがありました。

もう半ばなんでもいいというような気持ちで飛びこんだ店ですが、これが
すばらしいお店だったのです。

カウンター8席、ふたりがけのテーブルが二つという小さな店ですが、ここには
作り手とサービスする人の愛情が満ち々ているのです。
定食も抜群においしい!  
そして、何よりも特筆すべきはマスター、小島さん(メニューに名前が書いてありました。)。
接客の神様です! 
お客さんにサービスすることを心から楽しんでいるその姿には、
感動すら覚えるほどです。

大げさな言い方をすれば、
私はこのお店に本当のビジネスの姿をみたような気がしたのです。


どんなにいいものを提供しても、そこに愛情がなければ、無味乾燥なのでは
ないでしょうか。

それに、やっぱり、本当にいいものって伝わるものですよね。
そう思うと、きっと「サン・ジャックへの道」も皆さんの心にきっと届くはずと自信を
ましてしまいました。
そして、そのためには私たちが「サン・ジャックへの道」への愛情を伝播して
いくことなのですね。

このオープンしたばかりのお店がこれからもどんどん繁盛することは明らかです。
それを確信し、心からのご馳走様を残してお店を後にしました。
私がはつ美さんをもう一度訪れる可能性は極めて低いです。
でも、こんなしあわせな出会いもあるものですよね。 
街道を歩く面白さはこういう一期一会的な素敵な出会いがあることです。

うーん、今回の街道歩きは深かった...
[PR]
by st-jacques | 2007-03-06 21:03 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
新しい街道
いざ、鎌倉へ。 
ということで、今度は鶴岡八幡宮に最後のお願い!(選挙じゃないんだから!)で
ヒット祈願に向かうべく、2月25日から “街道を歩く” が再開することに
なったのはおつたえしましたよね。
しかし、やはり心配していた通り、鎌倉街道の上、中、下道のどのルートを行くか、
どこを起点にするかなど、ぎりぎりまで決まらなかったのです。

「サン・ジャックへの道」の公開がはじまる3月10日までに歩ける距離と時間を考えるとどれも帯に短し、たすきに長し。
ふーむ、ふーむ、さて...どうしたものか、
と行き詰ったところに、最近まで仕事で北鎌倉に行っていた一人のメンバーが妙案を出してくれました。
 
まず、先月に甲州街道を日本橋にゴールしたのだから、とりあえず今度は日本橋からスタートしよう! 
そして、3月末に行く予定の熊野古道のある西へ向かう東海道と鎌倉までの道を合体させよう。
つまり、日本橋から戸塚までは東海道を歩き、戸塚からは鎌倉街道を歩くということにしたわけです。なんとオリジナリティあふれる街道歩きじゃないですか!
って痩せ我慢にしか聞こえなかったりして。
   でもホントに妙案です。
そのアイデアを聞いたとき、目の前がぱーっと開けた感じがしましたもの。

それで鎌倉へ向かう武士三人。 武士には到底見えないけれど。気持ちだけは勇ましくね。
歩き始めてまだ30分とたっていないのに、もうコーヒーブレイクというか、ブレックファスト
ブレイクをして腹ごしらえ。今日はお天気もいいし、のんびりいくことにしました。
お昼には北品川の商店街で穴子丼を食べ、午後にもコーヒーブレイク。
本日の終点の川崎ではビールで乾杯。 東海道って楽しいかも。
って、ただ食べてばかりいるだけなのですが。

そうそう、それに途中、神田の明神さまにもよって、ヒット祈願してきました。
境内がスーツ姿のビジネスマンでびっしり埋まっている光景が
年始のニュースで必ず紹介されるところです。
でも、今日はひっそりとしてました。
効き目がありそうだわ!

この日は久しぶりに冬を感じさせる寒い日でした。 でも、もう春はもうすぐそこに来てますね。

日本のいいところはやはり四季があること。
それもそれぞれ本当に美しい季節ですものね。
季語というのがありますが、やはり四季があるからこそ、言葉も生きてくるのでしょう。
ちなみに、”お遍路”というのは春の季語だそうですよ。
やはり、春になると人間、前を向いて歩き出したくなるのですね。きっと。

今日は東海道ルート、日本橋から川崎までの18キロ。 プラス根津から日本橋までの4キロでトータル22キロを歩きました。
次回は川崎から戸塚までを歩きます。 
[PR]
by st-jacques | 2007-02-26 19:05 | 街道を歩く | Trackback(1) | Comments(0)
いよいよ再開です!

ご無沙汰してしまいました。

ベルリンから無事もどってきたクララです。 って自分で名乗るのがすごく照れますねえ。

ベルリンは気持ち悪いくらいに寒くなくて、ゴア元副大統領でなくても地球温暖化が気になりました。

さて、サン・ジャックへの道」もいよいよ3月10日(土)から公開です。

銀座シネスイッチです。 銀座4丁目交差点にある和光の裏の道に面している映画館です。

それで、私の”街道を歩く”もまきを入れて進まねばならないのですが、まあ何しろ公開前
というのはやたらと仕事も多いし、気持ちも落ち着かないし、どこまで積み上げていけるのか
分かりませんが、とにかく今週末から再開します!!!
みなさま、お待たせしました! 
ってだれも待っていてくれているわけではないのかもしれませんが。

そう、みなさん、お気づきでしょうか。私って一人突っ込みが大好きなんです。
これ、やりすぎないようにしないと。

さて、街道を歩く パート2は、以前に予告したとおり鎌倉街道になる予定です。
鎌倉街道は源頼朝が鎌倉幕府を建てたあとにできた街道で、諸国の武士たちが
「いざ、鎌倉へ」とはせ参じるため、できた道だそうです。 
だからゴール&スタートは鎌倉の若宮大路です。
そこから、いくつもの道に分かれ、栃木や埼玉まで続いています。
ですので、どこから歩くか思案中。
といってももう今週日曜日に歩くのですが、まだ地図も入手できていないし、ちょっと
途方にくれている状態です。 
どなたか、地図をもっていたらおせーてくださいませ。

でも、いろいろ調べると、もう昔の道はそう残っていないようなのです。
やっぱり5街道のどれかにしようかしら。  急に行き先変更になるかも。

そういえば、「サン・ジャックへの道」の監督コリーヌ・セローさんが帰ってもう2週間
経つんですね。 ホントに素敵な人でした。
仕事とはいえ、あんなに知的で愉快であったかい人に出会えて幸せでした。
映画のコピーじゃないけど、『人生って捨てたもんじゃない』って思えるほどですよ。

こっそり打ち明けると、実は彼女は今週末までドイツで断食に入っているんです。
映画でも不必要なものをそぎおとしていく生き方を提唱していますが、彼女自身がまさに
身をもって実践しているというわけです。
私も一度断食って経験してみたいんですけど、こんなに食い意地が張っているから
一日と持たないかも。でも意外とMだから、いけちゃったりして。

ということで、来週の”街道を歩く”をお楽しみにしてくださいませ!!

アルバイト応募も待ってます!
[PR]
by st-jacques | 2007-02-21 19:24 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
チーム・ハイテンションがゆく
少し休憩を取り、息を吹き返した私達は、
「いざ日本橋へ!」とまた歩き出しました。  申し遅れました、お馴染みジャックです。

もう歩く道はすっかり都会の町の中。
背中につけた「大ヒット祈願巡礼中」の旗がとっても目立つわけです。

そこで宣伝うーまん3人は、鞄からチラシを取り出し
すれ違う人に手渡そうとするのですが、警戒されてなかなかもらってくれません。
ぐずぐずしていると街道を歩くメンバーには差をつけられるし…で
小走り、チラシ、小走り、チラシを繰り返し、気付くともう四ツ谷。

すれ違う人もまばらになり、いそいそとチラシをしまう3人。



このあたりに来ると、またジャックのお腹が騒ぎ出しました。
思わず「お腹すいた」とつぶやくと、「さっき食べたばっかりじゃん!」と言われます。



もうこうなると足の痛みより、空腹の方が苦痛です。
自然と前へ進む足が速くなります。
皇居の周りでは、ランナーにつれられて少し駆け足。←後々これが命取り。
e0107399_115488.jpg

実は社長は、ランナーでもありますから、
こちらはこちらでうずうずしちゃってジャックと2人で駆け足。
クレスト チーム・ハイテンションの出来上がりです。


この皇居の周りって、マンホールの蓋には
全都道府県の県花が描かれているって知ってますか?
岡山なら桃の花、福岡が梅の花…とこんな感じです。
ここでもチーム・ハイテンションが大はしゃぎ。
次のマンホールまで社長が走り、花の名前を足で隠して質問します。


  社長:「和歌山な~んだ!?」


ジャックが続いて走りより、答えます。
  ジャック:「梅!!」 
  社長:「ブブー!!やまももでしたー」  



完全に小学生の帰り道ですね。
グリコじゃんけんを始めかねません。


そんなことをやっていたらあっと言う間に皇居周りを終了。
e0107399_1153389.jpg

いよいよゴールは間近です!
[PR]
by st-jacques | 2007-02-04 12:02 | 街道を歩く | Trackback | Comments(2)
ROAD OF THE 甲州~筋肉痛からの生還~
自分にはまだこんなに筋肉が残っていたのかと実感し
いつもの電車に乗るのに、5分早く家を出ないと間に合わなかったこの4日間…。

こんにちは。ご存知甲州街道を歩いて、
見事筋肉痛からの生還を果たしたジャック・さんです。


奮闘記を更新できなかったのも、腕が筋肉痛だったから、というのは嘘ですが
歩きなれていないメンバーにとって、この甲州街道20キロがいかに過酷な旅だったか…。
イライジャ・ウッドもびっくりな程です。
こんなひどい筋肉痛に悩まされたのは、初めてスノーボードをやった時 以来じゃ ですよ。



日々チラシ配りで鍛えたこの脚力には少々自身があったこの私。
足取り軽く仙川に降り立り、意気揚々と歩き始めたわけですが
街道を歩くメンバーの早いこと!
ついていくので精一杯です。

歩いて1時間ですでに右裏ももが痛み出し…。
しかし、いっこうに歩くペースはゆるめない「街道を歩く」メンバー。
必死の形相でついていくジャック。

でも!そんなジャックにも他のメンバーの追随を許さない速さもありました。
お腹の空く時間です。
この写真の時は歩き始めてまだ1時間といったところなのですが、
すでにお腹が空いてすいて…。さすがに誰にも言えませんでしたけど。

e0107399_21173251.jpg















お腹が空いた~。足が痛い~。などとは言っている暇がない位のスピードで、
あっと言う間に新宿が見えてきました。時間もちょうどお昼時♪
うきうき、るんるんでいると、この調子で日本橋まで行ってしまおうという声が!



私にとっちゃ、死活問題です。
必死に空腹を訴えました。涙ながらに何卒、なにとぞ…ですよ。
そんなジャックを見るに見兼ねた宣伝の大先輩が取り出したるは、手作りバナナケーキ!


素敵です。素敵すぎます。
目の前に金塊積まれても、
その時はこの素敵なケーキを誰にも譲らなかっただろう自信があります。




エネルギー補給を終え、一同いざ日本橋へ!
ここからの様子は次回の「街道を歩く」でご紹介します。
[PR]
by st-jacques | 2007-02-01 21:36 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
ゴール!でも、まだまだ続く...

1月28日 (日) 晴れ
仙川 → 日本橋  19キロ

ところで、ずっと考えていた私のニックネームを決めました。

クララです。

でも「アルプスのハイジ」のクララじゃありませんよ。あんなに可憐じゃありません。
もっと恐くて強いクララです。

そう、クララとは「サン・ジャックへの道」の主人公である仲の悪い三兄姉弟の真ん中の
人です。 この人、見た目も話しても、スンゴクこわいんですよ。
口を開けば兄弟をののしる見事なマシンガントークが出てくる人なんです。
でも、ホントはとっても優しい、いい人なんです。 惚れちゃいますよ。

って、前フリが長くなりましたが、はい!!ついに”街道を歩く”甲州街道篇もついに
終わりの巻となりました。
昨日、冬の一日とは思えないような暖かい陽射しのなか、ついにゴールに辿りつきました!
朝8時24分に出発し、、日本橋着が午後1時前です。
それにしても日本橋の上の空を仰げたらどんなに気持ちいいでしょう。
早く高速が撤去されることを祈ります。

今日は、宣伝うーまん プラス アネゴも登場し、総勢9人です。 

e0107399_19431048.jpg


この9人という数。 なんという偶然でしょう。 
「サン・ジャックへの道」の巡礼ツアーもガイドを含めた9人で歩くのです。
それぞれが、それぞれの役割を演じていたかは、分かりませんが、とにかく
この道中はこれからの宣伝うーまん日記でたっぷりご紹介するとおもいますので
お楽しみに!

トータル220キロ。皆様、ご協力&応援ありがとうございました!
ヒット祈願巡礼はまだまだ続きます。

次は「サン・ジャックへの道」に出てくるサンティアーゴ巡礼路の姉妹路である
熊野古道を歩く予定でしたが、まだシーズンではないそうなので、
その前に鎌倉街道を歩くことにしました!

いざっ、鎌倉へ!!  お楽しみにしてくださいね!
[PR]
by st-jacques | 2007-01-29 19:27 | 街道を歩く | Trackback | Comments(2)
私の正体

この街道をあるくのブログを読んでくれている人からよく言われるのが、
「一体、この街道歩きをしている人は何者なの?」ということです。

そこで、遅ればせながら私の正体を明かします。
私は「サン・ジャックへの道」の配給会社クレストインターナショナルの代表です。
みずからヒット祈願で歩くという、まさに身を張った宣伝のつもりで始めたのですが、
歩くのって本当に楽しいことを知って、とっても得した気分なのです。

でも、いまでこそ楽しいと思えるのですが、実は毎週歩くのがつらいときもありました。
特に12月。忘年会が続いて、週末くらいはゆっくり寝坊したいと思っても、
5時すぎ目覚ましの音に飛び起きて、帰ってくればクタクタで、翌日月曜日には
デジカメの写真を整理して
という繰り返しに、もうイヤ!と思ったこともありました。

でもでも、甲州街道もあと一回を残すのみとなり、今は終わってしまうのが
とってもさびしいんです。 
これって終わりが見えてきたからそう思うのであって、まだまだ道のりが長ければ、
やはりつらいと思うのでしょうかね。 人間て現金ですからね。特に私は。


「サン・ジャックへの道」の公開までに1500キロ歩くと豪語しましたが、
2月は「サン・ジャックへの道」の監督コリーヌ・セローが来日しますし、
ベルリン映画祭へもいくので、歩ける週末がほとんどありません。

どうやったら公開までに1500キロを達成できるのか。 

うーん、ベルリンまでの飛行機のなかを行ったりきたりして距離を稼ぐか、
またはベルリンで映画祭会場をぐるぐる歩いた距離を加算していくか、
とにかくこまめにつみあげていくしかないですねえ。


実は、「サン・ジャックへの道」と出会ったのが去年のベルリン映画祭でした。
あれから一年たつんですね。見終わったあとの感動を今でも鮮明に覚えています。
映画祭で心底気に入った作品に出会えることはとても幸せなことです。
そして、配給権を取得したいと思う気持ちにもまったく迷いはありませんでした。 
こんな風に一点の曇りもなく作品を信じて配給していけることは大きな喜びです。

この映画を一人でも多くの人に届けたい。

そう思って私も宣伝うーまんたちも頑張っています。 
きっと結果がでると信じて、1500キロ達成をあきらめず初日まで歩き続けますね。
[PR]
by st-jacques | 2007-01-26 10:59 | 街道を歩く | Trackback | Comments(2)
ヒット祈願の旗に人々の関心が!
1月21日(日)曇り時々晴れ

八王子 → 仙川 23キロ

甲州街道歩きもいよいよゴールに近くなってきました。
また7時25分発の特別快速に乗って八王子へ。
あっという間についてしまい、なんだかあずさ一号が恋しくなります。
今日は八王子から仙川までの23キロですが、府中、調布とずっと街が続きます。
いままで熊に遭遇しそうになった山や、心臓破りの急な坂の道など歩いてきたのが
ウソみたいな街の平坦な道です。
当然、人も多く、やっと私たちがつけている「サン・ジャックへの道」ヒット祈願の旗に
関心をもたれることも。
「3月公開の映画です。観に来てくださいね。」と直に宣伝できるっていいですねえ。

今日は街の道を歩くので、おにぎりはなし。甲州街道初めての外食ランチは、日本そばやの鮭はらす丼とおそばのセットです。ボリュームがあったのですが完食。食べ過ぎたせいか、このあとおなかの調子が悪くなって、今日もまたへなちょこになってしまいました。

街の道といっても、旧甲州街道を歩くので、地図を片手にあっちだ、こっちだとまるで
探検隊のように進んでいくのもなかなか乙なものです。
e0107399_12502838.jpg


面白そうなところも見学しました。

まずは日野宿本陣。 甲州街道に残っている本陣はココを合わせて3箇所しかないそうです。新撰組の支援者だった佐藤彦五郎さんの道場もあったそうです。
e0107399_12505259.jpg


そして、次は府中の指定文化財になっている高安寺。山門の中に”奪衣婆”というオニババの像があるんですよ!!初めて見ました。 
なんと、このババが、亡者の衣服を剥ぎ取って、三途の川の岸辺にある木にかけ、
その重さでその人の生前の業がわかり、それによって死後の処遇が決まるそうです。
へえ、私の衣服なんて、木が倒れるくらいだったらどうしましょう。

もうひとつは府中の大国魂神社。縁結びの神様として知られている神社です。もちろん、クレスト宣伝うーまんたちの分もお願いしてきましたからね。きっと今年のクレストはハートマークが一杯でしょう。

甲州街道もいよいよあと一回。オーラスは宣伝うーまんたちも歩く予定ですので、彼女たちの報告を楽しみにしてくださいね。
[PR]
by st-jacques | 2007-01-24 12:58 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
○○さんに出会った

1月14日 晴れ
相模湖 → 八王子  18キロ

今日、私がはじめて遅刻。
卵焼きの味見なんかのんびりしていたら、一本電車に乗り遅れてしまった。
でも千代田線の新御茶ノ水のあの長いエスカレーターを駆け上がり、ぎりぎりセーフで
7時25分御茶ノ水発の特別快速に乗り込みました。
のぼりが大キライだっていうのに、朝一番から全速力で駆け足とはトホホ。

相模湖駅を8時半には出発。小仏峠が今日の難所です。
でも、このあとすぐに峠よりももっと恐いことがあったのです。
というのは、だんだん私たちも街道歩きに慣れてきたせいか、なぜか今日の山道は
ショートカットをしようということに。
それで山の中に入って登っていったのですが、これが大変な事件になったかもしれなかった
のです!!
急勾配の山道というか、ほとんどケモノ道を登っていって頂上らしきところにたどりついたの
ですが、(もちろん私がビリ)、最初に着いたメンバーが、がさがさと音がして、人間くらいの
大きさのものが向こう側に去っていったと言うんですよ。

えっ、それって熊? 
つい最近もこのあたりに熊が出たという話があるし。

そして、周りを見渡ししてみると、動物が落としていったと思われる真っ黒な糞がある! 
こんな特大は熊に違いない!!! もう私たちは大パニック。
前日にちょっと嫌なことがあった私は、「熊にでも食われて死んでしまいたい。」と
言っていたにもかかわらず、実際遭遇しそうになったら、もうスタコラサッサと逃げ出すことしか考えていなかった。
やっぱり人間ってそうですよねえ。そう簡単に死ぬなんて言ってはいけません。
下りは大得意な私は、もちろん脱兎のごとくに走って降りたのは言うまでもありません。
そして途中、熊が近づいてこないよう歌を歌おうと思わず口から出てきたのは、
「ある日、森の中、熊さんに出会った~。」ですよ!

やっぱり人間っておもしろいですねえ。
恐怖で一杯だというのに、こんな場違いな歌がでてくるなんて… 
そして、もと来た道にもどる寸前、散弾銃の薬莢を発見!! 
ほら、やっぱり熊だったんですよおおお。 

こんなすごい体験をしたので、そのあとの小仏峠も難なく(ちょっとウソ)こなし、
山を下りてしばらくいった川のそばでまた野点をしました。
今日のお菓子は花びら餅、お生は神田のささま。 
e0107399_16191637.jpge0107399_16193211.jpg











樹氷。きれいでしょう。
八王子に3時過ぎには到着。今日は18キロ。まだまだ歩きたいところですが、
電車の駅までが中途半端な距離になるため、来週に持ち越すことに。
甲州街道もいよいよあと二回。なんだか終わってしまうのが寂しくなってきました。
[PR]
by st-jacques | 2007-01-17 16:25 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム