Excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
今春公開の映画「サン・ジャックへの道」。ヒット祈願巡礼中 ~“東海道&鎌倉街道を歩く”の巻~ 
by st-jacques
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
街道を歩く
映画「サン・ジャックへの道」
宣伝うーまん奮闘記
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ
最新のコメント
greeで出来る新しいお..
by gree 攻略 出会いゲーム at 10:53
登録するだけ!あとはメー..
by 逆ナン at 14:19
今年こそ童貞脱出したい!..
by 童貞 at 14:00
あけましておめでとうござ..
by スタービーチ at 10:57
世界最大級のSNS!フェ..
by フェイスブック at 16:16
流行りのフェイスブックで..
by フェイスブック at 16:55
DVDの再販の予定はない..
by 町 at 03:04
グリーにハマっている人集..
by グリー at 17:19
リア友に知られると不味い..
by リア友 at 19:32
oz^7N&kS, sp..
by ショップ店員はじめてヤりました at 07:36
最新のトラックバック
サン・ジャックへの道:映画
from ムービーラボ
五反田 熟女デリヘル 優..
from 風俗24時
サン・ジャックへの道:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
『サン・ジャックへの道』
from 京都写真紀行
滝川クリステルセクシー解禁
from ニュースですYO!
Polbo a feir..
from ガリシアへ行こう!/Imos..
和歌山とくとく情報広場
from 和歌山とくとく情報広場
和歌山県
from 和歌山@ガイド
サン・ジャックへの道@シ..
from ソウウツおかげでFLASHB..
Eu vou a Gal..
from ガリシアへ行こう!/Imos..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
セロー監督の来日を振り返る その三 ~涙の対談篇~
公開まで、あと11日。カウントダウン開始です。
そろそろツカミのネタが切れてきましたジャックです。


さて、今回はセロー監督来日3日目に行われた鎌田實さんとの対談についてお伝えします。

鎌田先生は、長野県の諏訪中央病院名誉院長として、
「住民とともに作る地域医療」の最前線に取り組んでおられる方です。

チェルノブイリ原子力発電所被爆事故の患者の治療に協力。
著書「がんばらない」は、2001年に西田敏行さん主演でテレビドラマ化され、
またNHKラジオ第1放送の祝日特別番組「鎌田實のいのちの対話」にパーソナリティーとして出演していらっしゃいます。
2006年の第57回NHK紅白歌合戦では特別審査員も務められたのも記憶に新しいですね。

『サン・ジャックへの道』の登場人物たちは、
歩きながら自己と向き合い、さらには見知らぬ旅人との交流や他者とかかわりあい、
人種や地位を超えて、解り合うことの大切さに気づいていきます。

人種や地位など関係なく、過酷な“命と平和と環境”の最前線で戦う鎌田先生と、
セロー監督の対談がここに実現しました。




来日最終日に行われたこの対談。
実に内容の濃い、感動すら覚える素晴らしいものでした。
立ち会ったジャックは、その場で涙が止まらなくなってしまいました。
「なにを大袈裟な…」と思っている方もいるでしょう。
でも、本当なのです。


しっかり社会を見つめた2人が話す時に厳しく時にやさしい言葉の数々が、
心にずしんと響いてくるのです。印象的なやりとりを少しだけご紹介しますね。


 セロー監督:『信じられているということ、誰かの役に立っていると思えることが、
         人間の生きる力になる。どんな人間でも、支えられそして、
         誰かを支えて生きているんです。』

 鎌田先生:『日本は、西洋に憧れ、ここ100年の間、自立の大切さを説いてきた。
        自立・自立と唱えた結果、バラバラになった。
        なんでもひとりでやろうと自分の殻に閉じこもってしまって、
        “寛容で、助け合う精神”を忘れてしまったのかもしれません。
        それは現代社会で、家族の絆や地域の絆が希薄になってしまった
        理由のひとつかもしれません。
        でもこの映画を観れば、その大切な大切な精神を思い出すはずです。
        元々、我々日本人はそういう精神を持っていたのですから。』

 セロー監督:『その通りです。今度はあなたがた日本人が、
         その素晴らしい精神を世界に伝えていく番ですよ。』
        
[PR]
by st-jacques | 2007-02-27 23:26 | 宣伝うーまん奮闘記 | Trackback | Comments(0)
新しい街道
いざ、鎌倉へ。 
ということで、今度は鶴岡八幡宮に最後のお願い!(選挙じゃないんだから!)で
ヒット祈願に向かうべく、2月25日から “街道を歩く” が再開することに
なったのはおつたえしましたよね。
しかし、やはり心配していた通り、鎌倉街道の上、中、下道のどのルートを行くか、
どこを起点にするかなど、ぎりぎりまで決まらなかったのです。

「サン・ジャックへの道」の公開がはじまる3月10日までに歩ける距離と時間を考えるとどれも帯に短し、たすきに長し。
ふーむ、ふーむ、さて...どうしたものか、
と行き詰ったところに、最近まで仕事で北鎌倉に行っていた一人のメンバーが妙案を出してくれました。
 
まず、先月に甲州街道を日本橋にゴールしたのだから、とりあえず今度は日本橋からスタートしよう! 
そして、3月末に行く予定の熊野古道のある西へ向かう東海道と鎌倉までの道を合体させよう。
つまり、日本橋から戸塚までは東海道を歩き、戸塚からは鎌倉街道を歩くということにしたわけです。なんとオリジナリティあふれる街道歩きじゃないですか!
って痩せ我慢にしか聞こえなかったりして。
   でもホントに妙案です。
そのアイデアを聞いたとき、目の前がぱーっと開けた感じがしましたもの。

それで鎌倉へ向かう武士三人。 武士には到底見えないけれど。気持ちだけは勇ましくね。
歩き始めてまだ30分とたっていないのに、もうコーヒーブレイクというか、ブレックファスト
ブレイクをして腹ごしらえ。今日はお天気もいいし、のんびりいくことにしました。
お昼には北品川の商店街で穴子丼を食べ、午後にもコーヒーブレイク。
本日の終点の川崎ではビールで乾杯。 東海道って楽しいかも。
って、ただ食べてばかりいるだけなのですが。

そうそう、それに途中、神田の明神さまにもよって、ヒット祈願してきました。
境内がスーツ姿のビジネスマンでびっしり埋まっている光景が
年始のニュースで必ず紹介されるところです。
でも、今日はひっそりとしてました。
効き目がありそうだわ!

この日は久しぶりに冬を感じさせる寒い日でした。 でも、もう春はもうすぐそこに来てますね。

日本のいいところはやはり四季があること。
それもそれぞれ本当に美しい季節ですものね。
季語というのがありますが、やはり四季があるからこそ、言葉も生きてくるのでしょう。
ちなみに、”お遍路”というのは春の季語だそうですよ。
やはり、春になると人間、前を向いて歩き出したくなるのですね。きっと。

今日は東海道ルート、日本橋から川崎までの18キロ。 プラス根津から日本橋までの4キロでトータル22キロを歩きました。
次回は川崎から戸塚までを歩きます。 
[PR]
by st-jacques | 2007-02-26 19:05 | 街道を歩く | Trackback(1) | Comments(0)
セロー監督の来日を振り返る その弐、半 ~取材編~
どうも。毎度ご無沙汰のカメラです。

監督コリーヌ・セローの来日レポートが遅々として進まぬまま、2月もあと残りわずか…
はて、2/29が誕生日の方はどうされているんでしょう。
前倒しで祝うか後ろ倒しで祝うか、悩むところですね。または4年に一度の誕生会。
カメラも、願わくば4年に一度歳を重ねたいです。

でもですね、
セロー監督と共にすごした数日、歳を重ねるのもまた良し!と思えました。
それは、この「サン・ジャックへの道」を初めて観たときにも感じたこと。
私たちは日々、新たな一歩を踏み出しているのですよ。


さて、取材二日目 2月6日(火)
この日は、取材びっちりな上に、夜は日仏学院でのティーチイン(Q&A)付き試写会。
ティーチインを一番楽しみにしていた監督も、突然ジェットラグ(時差ボケ)に襲われて
朦朧とするなど、疲れの隠せない一日でした。

そんな中、取材中に印象的だった監督の言葉・・・
人とのつながりの希薄さや、携帯電話依存、大きなところでは絶えない戦争の話なども語られ、
そのときに監督が言ったのは、「今、世界は暗いトンネルの途中にいる」ということ。
広い視野で前を見ているセロー監督は、そのトンネルを抜けたところにいるのかも、
とその場にいた私たちは感じました。

取材が終わって和やかな雰囲気の中、

「ちなみに、監督は携帯をお持ちですか」
(にっこり笑って)
「もちろんよ。手放せないわ。だから言ったでしょう。私も皆さんと同じように今も暗いトンネルの中にいるんです。ふふ」

いや~、粋じゃあないですか。

写真は日仏学院でのティーチインの模様。ご来場いただいた皆様、有難うございました!
e0107399_12163999.jpg
[PR]
by st-jacques | 2007-02-23 21:35 | 宣伝うーまん奮闘記 | Trackback | Comments(0)
セロー監督の来日を振り返る その弐 ~取材編~
カメラと元吉のブログがなかなか好評で、
「文章力の限界!」と引退宣言しようかしらと思っていました。
あっちなみにここ、千代の富士風に読んでくださいね。

ところがカムバックの声が多く、前線復帰のジャック・さんです。
まだまだ若いモンには任せてられませんな。



早速はじめましょう、セロー監督来日日記。

・2月5日(月)
 いよいよホテル西洋での取材スタート。
 クレストひよっこ宣伝マンも緊張の面持ちです。
 そんな心配をよそに、我らがマミーは順調に取材をこなします。
 似たような質問が続きます。
 「なぜ巡礼をテーマに?」という質問には、私も答えられますよ。

 でも、どの取材にも手を抜かず、しっかり答えるマミー。
 そこには強いプロ意識が見えてきて、思わずこちらも背筋が伸びる思いです。


 1日目はトラブルもなく(ほんとか?!という声が隣の席から聞こえますが無視します)、
 無事終了。
 あえて、あったトラブルといえば、私の言語トラブルでしょうか。


 前日の空港ピックアップの時にも薄々感づいていましたが、
 まったく通じない私のジャパニングリッシュ。
 
 「exprience」と言いたかったところ、「explain」と言いました。
 「秘書」って英語でなんでしたっけ?とフランス語通訳さんに聞きました。
 極めつけ 「詩人」と言いたかったところ、「ポエマー」と言いました。

 がんばれジャック!

 
 
 
[PR]
by st-jacques | 2007-02-22 13:53 | 宣伝うーまん奮闘記 | Trackback | Comments(0)
いよいよ再開です!

ご無沙汰してしまいました。

ベルリンから無事もどってきたクララです。 って自分で名乗るのがすごく照れますねえ。

ベルリンは気持ち悪いくらいに寒くなくて、ゴア元副大統領でなくても地球温暖化が気になりました。

さて、サン・ジャックへの道」もいよいよ3月10日(土)から公開です。

銀座シネスイッチです。 銀座4丁目交差点にある和光の裏の道に面している映画館です。

それで、私の”街道を歩く”もまきを入れて進まねばならないのですが、まあ何しろ公開前
というのはやたらと仕事も多いし、気持ちも落ち着かないし、どこまで積み上げていけるのか
分かりませんが、とにかく今週末から再開します!!!
みなさま、お待たせしました! 
ってだれも待っていてくれているわけではないのかもしれませんが。

そう、みなさん、お気づきでしょうか。私って一人突っ込みが大好きなんです。
これ、やりすぎないようにしないと。

さて、街道を歩く パート2は、以前に予告したとおり鎌倉街道になる予定です。
鎌倉街道は源頼朝が鎌倉幕府を建てたあとにできた街道で、諸国の武士たちが
「いざ、鎌倉へ」とはせ参じるため、できた道だそうです。 
だからゴール&スタートは鎌倉の若宮大路です。
そこから、いくつもの道に分かれ、栃木や埼玉まで続いています。
ですので、どこから歩くか思案中。
といってももう今週日曜日に歩くのですが、まだ地図も入手できていないし、ちょっと
途方にくれている状態です。 
どなたか、地図をもっていたらおせーてくださいませ。

でも、いろいろ調べると、もう昔の道はそう残っていないようなのです。
やっぱり5街道のどれかにしようかしら。  急に行き先変更になるかも。

そういえば、「サン・ジャックへの道」の監督コリーヌ・セローさんが帰ってもう2週間
経つんですね。 ホントに素敵な人でした。
仕事とはいえ、あんなに知的で愉快であったかい人に出会えて幸せでした。
映画のコピーじゃないけど、『人生って捨てたもんじゃない』って思えるほどですよ。

こっそり打ち明けると、実は彼女は今週末までドイツで断食に入っているんです。
映画でも不必要なものをそぎおとしていく生き方を提唱していますが、彼女自身がまさに
身をもって実践しているというわけです。
私も一度断食って経験してみたいんですけど、こんなに食い意地が張っているから
一日と持たないかも。でも意外とMだから、いけちゃったりして。

ということで、来週の”街道を歩く”をお楽しみにしてくださいませ!!

アルバイト応募も待ってます!
[PR]
by st-jacques | 2007-02-21 19:24 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
短期アルバイト緊急募集!!
映画業界で働きたい!と思っている方へ緊急告知!!!

映画配給会社クレストインターナショナルでは、急遽、短期アルバイト・スタッフを募集しています。

映画業界に感心のある方、少しだけ体験してみたいと思っていらっしゃる方、是非 一度チャレンジしてみて下さい!!

応募方法・勤務時間等の詳細は、こちらをご覧ください

情報更新日: 2007年2月16日
[PR]
by st-jacques | 2007-02-16 21:39 | 映画「サン・ジャックへの道」 | Trackback | Comments(0)
セロー監督来日を振り返る その壱~マミー現る~
こんにちは。モトキチです。

日曜の監督お迎えから木曜のお見送り、
続いて弊社代表のベルリン映画祭への出張、と目の回る忙しさだった先週一週間。
3連休を挟んでようやく化粧水が疲れた肌に浸透するようになりました。


2月4日(日)

飛行機の到着予定時刻10分前に、ジャック・さんと成田入りすると、
電光掲示板には既に通関中との表示。
リモワやヴィトンの鞄を引いて、‘出来る男’然とした人々が颯爽と到着ゲートをくぐり抜けます。
私たちは、街道歩きの際に背負っていた旗を振りふり、ふわふわ白髪のセロー監督を高鳴る胸を押さえつつ待ちます。


しかし30分が過ぎ、45分が過ぎても、セロー監督らしき人は現れません。
目の悪い私たちは老若男女・国籍問わず旗を振りますが、誰も近寄ってきません。
そうしてとうとう50分が経過し、いよいよ不安になった私がエールフランスへ問い合わせに走り出した矢先、
案の定、セロー監督が何もなかったご様子でにこやかに現れたのでした。
こういうことはよくあります。


約35年間もフランス映画界の第一線で活躍してきた女性というイメージとは裏腹に、
お洒落な赤色に染めたヘアスタイルとふくよかな笑顔のセロー監督は、
パリの素敵なマミー(親愛なるおばあちゃん)といった佇まい。
タクシーの窓から外を眺め、
改装中の建築物を囲う鉄骨や、高速道路わきに生える木々の美しさを語るセロー監督の旺盛な好奇心にふれ、
見慣れた景色は私にも新鮮に映り、車酔いをせずにすんだのでした。
監督がなかなかゲートから出てこなかったのも、空港内で何か興味をそそられるものに出会い、
道草をしていたからなのでしょう。


ところで、映画の国際マーケットは英語が基本言語です。
そのため弊社代表はもちろん、ジャック・さんも英語を話します。
しかし、カメラ嬢はスペイン語>英語、私もフランス語>英語のため、コミュニケーションが成り立つかかなり不安。
それでも私たちはおいしい食事を囲みながら、
環境問題や、労働問題、映画業界を日仏で比較し、大いに語り合いました。
社会派の鋭いまなざしを持ちつつも、根がアーティストのセロー監督。
まじめな話題にもユーモアを交えてくれるので、会話が弾みました。



だけどマミー、明日からは手加減してね。
「で、あなたたちの意見は?」というマミーの切り替えしの度、胃をきりきりさせています。
[PR]
by st-jacques | 2007-02-13 23:08 | 宣伝うーまん奮闘記 | Trackback(1) | Comments(0)
監督コリーヌ・セロー来日!!!
どもどもども。タモリ好きの木村カメラです。

先週日曜日に来日をした、監督コリーヌ・セロー。
3日間の強行日程をこなし、昨日フランスへ帰国しました。

6日の一般試写会にご来場いただいた皆様、そして取材でお世話に
なった方々、本当にどうもありがとうございました。

監督は、一言でいって、“エンターテイナー”。
周囲の人を楽しませるために、常に手を抜かないプロでした。
それが、彼女の作品のクオリティを支えているのだと、改めて実感!
とてもキュートでパワー溢れる監督も今年60歳。‘還暦’の言葉どおり
人生の新たなスタートを切った感があります。

この来日中の出来事など、また改めてご報告します。
それでは。
[PR]
by st-jacques | 2007-02-09 10:13 | 宣伝うーまん奮闘記 | Trackback(3) | Comments(0)
チーム・ハイテンションがゆく
少し休憩を取り、息を吹き返した私達は、
「いざ日本橋へ!」とまた歩き出しました。  申し遅れました、お馴染みジャックです。

もう歩く道はすっかり都会の町の中。
背中につけた「大ヒット祈願巡礼中」の旗がとっても目立つわけです。

そこで宣伝うーまん3人は、鞄からチラシを取り出し
すれ違う人に手渡そうとするのですが、警戒されてなかなかもらってくれません。
ぐずぐずしていると街道を歩くメンバーには差をつけられるし…で
小走り、チラシ、小走り、チラシを繰り返し、気付くともう四ツ谷。

すれ違う人もまばらになり、いそいそとチラシをしまう3人。



このあたりに来ると、またジャックのお腹が騒ぎ出しました。
思わず「お腹すいた」とつぶやくと、「さっき食べたばっかりじゃん!」と言われます。



もうこうなると足の痛みより、空腹の方が苦痛です。
自然と前へ進む足が速くなります。
皇居の周りでは、ランナーにつれられて少し駆け足。←後々これが命取り。
e0107399_115488.jpg

実は社長は、ランナーでもありますから、
こちらはこちらでうずうずしちゃってジャックと2人で駆け足。
クレスト チーム・ハイテンションの出来上がりです。


この皇居の周りって、マンホールの蓋には
全都道府県の県花が描かれているって知ってますか?
岡山なら桃の花、福岡が梅の花…とこんな感じです。
ここでもチーム・ハイテンションが大はしゃぎ。
次のマンホールまで社長が走り、花の名前を足で隠して質問します。


  社長:「和歌山な~んだ!?」


ジャックが続いて走りより、答えます。
  ジャック:「梅!!」 
  社長:「ブブー!!やまももでしたー」  



完全に小学生の帰り道ですね。
グリコじゃんけんを始めかねません。


そんなことをやっていたらあっと言う間に皇居周りを終了。
e0107399_1153389.jpg

いよいよゴールは間近です!
[PR]
by st-jacques | 2007-02-04 12:02 | 街道を歩く | Trackback | Comments(2)
ROAD OF THE 甲州~筋肉痛からの生還~
自分にはまだこんなに筋肉が残っていたのかと実感し
いつもの電車に乗るのに、5分早く家を出ないと間に合わなかったこの4日間…。

こんにちは。ご存知甲州街道を歩いて、
見事筋肉痛からの生還を果たしたジャック・さんです。


奮闘記を更新できなかったのも、腕が筋肉痛だったから、というのは嘘ですが
歩きなれていないメンバーにとって、この甲州街道20キロがいかに過酷な旅だったか…。
イライジャ・ウッドもびっくりな程です。
こんなひどい筋肉痛に悩まされたのは、初めてスノーボードをやった時 以来じゃ ですよ。



日々チラシ配りで鍛えたこの脚力には少々自身があったこの私。
足取り軽く仙川に降り立り、意気揚々と歩き始めたわけですが
街道を歩くメンバーの早いこと!
ついていくので精一杯です。

歩いて1時間ですでに右裏ももが痛み出し…。
しかし、いっこうに歩くペースはゆるめない「街道を歩く」メンバー。
必死の形相でついていくジャック。

でも!そんなジャックにも他のメンバーの追随を許さない速さもありました。
お腹の空く時間です。
この写真の時は歩き始めてまだ1時間といったところなのですが、
すでにお腹が空いてすいて…。さすがに誰にも言えませんでしたけど。

e0107399_21173251.jpg















お腹が空いた~。足が痛い~。などとは言っている暇がない位のスピードで、
あっと言う間に新宿が見えてきました。時間もちょうどお昼時♪
うきうき、るんるんでいると、この調子で日本橋まで行ってしまおうという声が!



私にとっちゃ、死活問題です。
必死に空腹を訴えました。涙ながらに何卒、なにとぞ…ですよ。
そんなジャックを見るに見兼ねた宣伝の大先輩が取り出したるは、手作りバナナケーキ!


素敵です。素敵すぎます。
目の前に金塊積まれても、
その時はこの素敵なケーキを誰にも譲らなかっただろう自信があります。




エネルギー補給を終え、一同いざ日本橋へ!
ここからの様子は次回の「街道を歩く」でご紹介します。
[PR]
by st-jacques | 2007-02-01 21:36 | 街道を歩く | Trackback | Comments(0)
Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム